丹後半島 伊根町の地酒−久仁子のお酒− MENU
向井酒造のお酒 久仁子の想い 伊根町を知る・遊ぶ お買いもの

 久仁子の想いトップ 東京農大時代 実習日誌 お酒ができるまで 酒と人と温和
久仁子の想い「人と酒と温和」
 酒と人と温和とは、「酒と人から温かい和ができ、また温和(おかず)をおかずに飲めるということ♪」
 酒がとりもつ温かい人の和という意味で考えました。


 
飲み会のときの話や、お酒の席で聞いたちょっとイイ話、どんなお店のお酒を飲んだとか、身近なことを書いています。


■ 第4話 ■
久仁子、東京へ行く−2
【東京都町田市の井出君の家】


11月2日(金)〜4日(土)に母校、東京農業大学の収穫祭。
東京で久々飲んだくれました。

11月3日(土)の夜は、学生時代からお世話になっている東京都町田市の井出君の家に夜集合し宴会となりました。
井出君の父和明さんは、かなりのギャグせんすの持ち主で尊敬しております。残念なことにデジカメの電池切れでおじさんの写真を撮り損ねてしまいました。
次回は必ず、みなさんの前に・・・



久仁子、暴露大会の渦に巻き込まれるぅ〜

【写真】
左から
井出君のおかあさんは、サッカーをやっていてやさしい人です。遊びに行くといつもおいしご馳走をいただいております。井出君とこへ行くイコール大ご馳走!なのです。いつもおいしいご飯をありがとうございます。
隣りはそんちゃん、井出君の妹です、消防署のアイドル的存在。 続いて三原志津子!学生時代の友達でヤンキー的存在(うそです、三原ごめん)学校時代何から何までたすけてもらった。
スーパーマン的そんざいです。
白のTシャツが井出君、おしりではしを割るのが趣味の26歳です。

紺のTシャツがアッキー、銀河高原ビールで、ビールの製造、研究をやっている、笑顔がニクイ熱血男です。他にも、みんないたのですが、私が来るのが遅くなって、ほかのみんなは、寝てしまっておりました。

このあと、三原・井出君・アッキーで質問、暴露大会がはじまりました。翌朝、私は後悔のうずにのみこまれることとるのでした・・・



 久仁子の想いトップ 東京農大時代 実習日誌 お酒ができるまで 酒と人と温和

Page Top

 
未成年者への酒類の販売はいたしておりません。
*お酒は20歳になってから*

Copyright (c)2009 MUKAISYUZO Inc All rights reserved.